Blog&column
ブログ・コラム

言語聴覚士のやりがい

query_builder 2023/08/15
コラム
19
言語聴覚士とは「聞く・話す・食べる」といった機能の改善や維持を目標として、訓練や支援を行うスペシャリストです。
一人ひとりと向き合うことが大切な言語聴覚士は、どのような時にやりがいを感じるのでしょうか。
今回は、言語聴覚士が感じるやりがいを紹介していきます。
言語聴覚士のやりがい
■生きるよろこびを取り戻す手助け
気持ちに寄り添い、生きるためのよろこびを取り戻す手助けになることが、言語聴覚士に期待される役割であり一番のやりがいです。
食事をとることが困難になることは、生きるよろこびを失うことだと言えます。
そのような方をサポートし、笑顔を見せてくれることで、自分も笑顔になれると言えるでしょう。
■社会復帰のサポート
機能改善の訓練や支援を通して、適切な社会復帰のサポートをすることにもやりがいを感じられるでしょう。
それぞれの性格や生活背景・ご家族など周囲のサポートも異なるため、一人ひとりに合った計画を立てることは難しいです。
これまでの経験を踏まえながら、利用者様のよりよい生活づくりに携わることで社会復帰に貢献できるでしょう。
■専門性の高い支援ができる
リハビリの専門家である言語聴覚士は、より狭い範囲で専門性を発揮できることがやりがいです。
そのため一人ひとりに合わせた訓練方法を考えたり、周囲の医療スタッフとコミュニケーションをとりながら活躍できます。
長く従事するほど専門性を高められるので、自身のスキルアップやキャリアアップにもつながるでしょう。
▼まとめ
言語聴覚士は、対象領域が「聞く・話す・食べる」といった、誰もが持っている欲求に対する機能です。
『スマイル優訪問看護ステーション』は、東京を中心に訪問介護サービスを提供しており、新規スタッフを募集しております。
自由度の高い職場環境を整えておりますので、お気軽にご応募ください。

NEW

  • アルツハイマー型認知症を予防するには

    query_builder 2023/06/06
  • 仕事でのコミュニケーションのとり方について

    query_builder 2024/02/15

CATEGORY

ARCHIVE