Blog&column
ブログ・コラム

誤嚥を防止する方法とは

query_builder 2023/09/08
コラム
22
高齢になると飲み込む力が弱くなり、食事中にむせることが増える方もいらっしゃいます。
このような症状のことを「誤嚥」と言います。
誤嚥は誤嚥性肺炎を引き起こし命にかかわることもあるため、予防することが大切です。
そこで今回は、誤嚥を防止する方法についてご紹介いたします。
▼食べ物の工夫
誤嚥を起こしやすい食品は、サラサラした液体やみそ汁やスープなどの液体と固体がミックスされたもの、水分量の少ない食べ物などがあります。
では、どういった方法で防止できるのか以下に見ていきます。
■とろみ
とろみをつけることで、口腔内で食べ物を一つにまとめて飲みこむことができます。
あんかけや卵とじ・とろみ剤を使用するなどの方法があります。
■形
口内に張り付きやすいものは、形を変えると飲み込みやすくなるものもあります。
板海苔を佃煮に変えたり、キュウリやレタスは千切りにしたり、巻いて食べるなど工夫しましょう。
▼食べ方の工夫
誤嚥を防止するには、食べ方も工夫しましょう。
■姿勢
椅子に深く腰掛け、足底をしっかり床につけ顎を引いて食べることに集中しましょう。
■喉の通り
食前には水分を摂取し、喉の通りを良くしましょう。
■食べる量
一口の量を少なめにし、慌てずゆっくりと食べましょう。
▼まとめ
誤嚥を防止するには「とろみをつける」「食べ物の形を変える」「食事の姿勢に気を付ける」「喉の通りを良くする」「一口の量を少なめにする」方法があります。
『スマイル優訪問看護ステーション』は、東京や周辺地域にお住まいの方が自宅で医療を受けられるよう、質の高い訪問看護サービスを提供しています。
サービスの質を維持するために、一緒に働いてくださるスタッフを募集中です。
気さくで面倒見の良い先輩スタッフや、アットホームな雰囲気の職場ですので、お気軽にご応募ください。

NEW

  • アルツハイマー型認知症を予防するには

    query_builder 2023/06/06
  • 仕事でのコミュニケーションのとり方について

    query_builder 2024/02/15

CATEGORY

ARCHIVE