Blog&column
ブログ・コラム

高齢者の体温調節について

query_builder 2023/10/22
コラム
28
一般的に高齢者は、体温の調節に関わる生理機能が低下しやすくなります。
そのため、日頃から体温調節に気を付けることが大切です。
今回は、高齢者の体温調節について説明します。
▼年齢とともに難しくなる体温調節
高齢者は加齢とともに汗をかきにくくなり、体温を調整することが困難になる傾向があります。
そのため暑さや寒さに適応しにくくなり、夏は熱中症・冬は低体温症になりやすくなります。
発熱の症状がないにも関わらず体調が悪い時は、注意が必要です。
重症化してしまうこともあるので、日頃から正しい体温調節を行わなければなりません。
▼高齢者の体温調節での注意点
■外気に対応できない時の外出は控える
寒暖差が激しいと、自律神経に大きな影響を与えるため、発汗や体温の調節が難しくなります。
外気温の変化が極端な日は外出を控え、室内で過ごすようにしましょう。
■室内での体調管理
発汗機能が低下している高齢者は、熱の放出が困難になり体内に熱がこもってしまいます。
体温調節をサポートするため、冷暖房器具の使用は不可欠です。
外との気温差が開きすぎないよう、適度な温度設定を行いましょう。
▼まとめ
高齢者は、加齢により発汗機能が衰え体温調節が困難になるため、夏は熱中症・冬は低体温症に注意しましょう。
『スマイル優訪問看護ステーション』では、食事・排泄・清潔の援助やバイタルチェックなど、ご利用者様が日々快適に過ごせるサポートをいたします。
現在新規スタッフを募集しておりますので、興味のある方はぜひお問い合わせください。

NEW

  • アルツハイマー型認知症を予防するには

    query_builder 2023/06/06
  • 仕事でのコミュニケーションのとり方について

    query_builder 2024/02/15

CATEGORY

ARCHIVE