Blog&column
ブログ・コラム

作業療法士理学療法士の違いとは

query_builder 2024/02/01
コラム
37
病気やケガからの回復のため、リハビリを行う専門家が「作業療法士」と「理学療法士」です。
両者には、どのような違いがあるのでしょうか。
今回は、作業療法士理学療法士の違いについて解説いたします。
作業療法士理学療法士の違い
■専門分野
作業療法士理学療法士は、どちらもケガや病気からの回復を手助けする国家資格保持者ですが、専門分野が異なります。
食事・入浴などの日常生活や、仕事・学業への社会復帰を念頭においてリハビリを行うのが「作業療法士」です。
一方の「理学療法士」は、座る・立つといった基本的動作を行う能力の回復を目的としています。
体が思うように動かないと日常生活はもちろん、社会復帰にも大きな支障をきたす可能性があるからです。
■リハビリの順番
患者さんの状態によるものの、多くの場合は先に理学療法士がリハビリに当たります。
まずは体を動かす能力を回復させないと、日常生活・社会復帰のどちらも難しいからです。
徐々に体の機能が戻ってきたら、作業療法士がリハビリに加わります。
作業療法士は階段の上り下りから足の状態を、また食事の際の箸の使い方で手の状態を確認します。
リハビリの順番に違いはありますが、作業療法士理学療法士はともに連携し合いながら治療にあたることがほとんどです。
役割の違う専門家が連携して、ケガや病気後の生活が元通りにできるようサポートしています。
▼まとめ
作業療法士理学療法士では、専門分野に違いがあります。
日常生活や社会復帰に向けてリハビリを手掛けるのが作業療法士、体の機能回復を専門に行うのが理学療法士です。
当事業所は東京とその周辺地域を対象に、訪問看護ステーションを手掛けております。
作業療法士理学療法士として働いてくださる方を募集しておりますので、ぜひご応募ください。

NEW

  • アルツハイマー型認知症を予防するには

    query_builder 2023/06/06
  • 床ずれを防止するには?

    query_builder 2024/07/03
  • 床ずれの症状について

    query_builder 2024/06/01
  • 資格取得で得られるメリットとは

    query_builder 2024/05/01

CATEGORY

ARCHIVE